【モンキーターン4】打つ前に知っておきたい設定判別と立ち回りのポイント

|パチ&スロ攻略
NO IMG

モンキーターン4を打つ前に、「事前に設定判別の情報」や「立ち回りのポイント」を頭に入れておくことで大負けを避けることができると考えています。
少しでも勝ちに近づけるように「粘る価値のある台なのか」「打つ根拠の台なのか」解説していきたいと思います。

目次
  • 打つ前に知っておきたいこと
  • 朝イチから打つ場合の設定判別
  • 夕方からの立ち回りポイント
  • 打った台の分析

打つ前に知っておきたいこと

モンキーターン4は、千円(50枚)あたりの平均消化ゲーム数は約40ゲームと、6号機にしてはコイン持ちが悪い。

天井ゲーム数は、1000ゲーム消化でAT当選確定だが通常時「勝負駆けチャレンジ」というゲーム数を加算するチャンスゾーンのようなものがあるので実際には、1000ゲーム消化することは少ない。
ここで注意して欲しいのがゲーム数が加算されるためデータカウンターと実際のゲームがリンクしていないことが多い。
ゲーム数を確認する場合は液晶右側に正確なゲーム数が記載されているのでそっちをチェックしよう。

朝イチ恩恵あり!!

モンキーターン4は、朝イチリセットされていた場合「全設定共通25%で天国スタート」となる。
*モード移行の天国移行率が全設定共通25%

朝イチから打つ場合の設定判別

朝イチから打つ場合、気を付けなければならないのが設定が低い台に無駄に投資すること。
如何に良い台か悪い台かを判別してキッパリヤメることが無駄な投資をせず次の台に移動できるか。

先ほど朝イチ、リセットされていた場合「全設定共通25%で天国スタート」と説明したが朝イチから打つ場合、天国での当たりが高設定挙動とならないため注意が必要。
もし天国で当たった場合注目して欲しいのはAT終了後のSGメダル。

SGメダル
SGメダルとは、AT終了後に表示されるメダルのことで設定示唆や設定6確定など、7種類のメダルがある。

SGメダルは、1回目と10回目の初当たりで出現しやすくなっているので朝イチ天国で当選した場合メダルが出現すれば設定判別の役に立つのがポイント。

天国で当たらなかった場合、とりあえず1回の初当たりを引くまでヤメないようにしよう。
ヤメない理由としては、モンキーターン4は「当たればAT当選が確定」「600ゲームを越えればシナリオ2以上」「900ゲームを超えればシナリオ3以上」など恩恵もあるため1度当てるまではヤメないほうが良い。

初当たり獲得までに出来る設定判別

天国当選しなかった場合、設定判別で使えるポイントがいくつかあるので初当たりが引けるまでに高設定挙動なら粘る価値がある。

良い挙動の例
  • ボート(スイカ)の出現率が良い
  • 勝負駆けチャレンジが昇格し超抜チャレンジになった
  • レア役からAT直撃当選した

初当たり獲得までにできる設定判別は合計3つ。
1回の当たりを引くまでに取れるサンプルは少ないが朝イチこれらが確認できれば逆に粘る価値があると言える。

ボート(スイカ)の出現率が良い

ボート(スイカ)の出現率には設定差があり高設定の方が出現しやすくなっている。

設定 ボート
1 1/55.5
2 1/54.6
3 1/53.7
4 1/52.9
5 1/52.0
6 1/51.2

ものすごく大きな設定差があるわけではないがカウントすることに越したことはないので初当たりが引けるまでにどのくらいボート(スイカ)が引けているかチェックしておこう。

勝負駆けチャレンジが昇格し超抜チャレンジになった

勝負駆けチャレンジの突入率は約1/200で突入するゲーム数加算のチャンスゾーンだがこれが稀に昇格し超抜チャレンジになることがある。
出現率が倍以上あるのでもし朝イチ超抜チャレンジに当選に当選した場合は粘る根拠になる。

設定 超抜チャレンジ昇格率
1 5.08%
2 5.47%
3 6.64%
4 8.20%
5 10.94%
6 12.50%

勝負駆けチャレンジの突入率も1/200と軽くはないので朝イチ引けずにAT当選してしまうことも多い。
勝負駆けチャレンジが引けた場合は設定判別のサンプルとして入れておこう。

レア役からAT直撃当選した

ゾーンからのAT当選ではなく、チャンス目・強チェリー/強チャンス目からAT直撃抽選を行なっている。
通常時で確認できる設定判別で一番大きい設定差になっているので確認できれば絶対に粘ったほうが良い。

設定 弱チャンス目 強チェリー
強チャンス目
1 0.39% 0.78%
2 0.78% 1.56%
3 1.17% 2.34%
4 1.56% 3.13%
5 2.34% 5.08%
6 3.13% 7.03%

設定1と設定6とでは約10倍ものの設定差がりかなり引ける可能性が高い数値になっている。

夕方からの立ち回りポイン

夕方から打つ場合知っておきたいポイントとしては、台から設定画面から遊戯履歴が確認できることとデータカウンターから分かる初当たりの履歴となる。

初当たりの軽さや設定差の大きいチャンスゾーンに当選しているか事前に知ることが高設定を掴むチャンスでもあるので打つまでにしっかりチェックしておきたいポイントでもある。

また、ヘルメットからモードを示唆している部分もあるので天国モードor引き戻しモードが確定している場合履歴が悪くても期待値がプラスなので必ず当選まで回そう。

超抜チャレンジの履歴があったら座る

データ履歴を確認した時、超抜チャレンジに当選していたら座る根拠になる。
夕方から実践する場合、勝負駆けチャレンジに複数回当選しているはずなので高設定の場合、超抜チャレンジに昇格している可能性がある。

初当たりゲーム数からモード推測

モンキーターン4は、ゲーム数が加算される勝負駆けチャレンジがあるので正確な当選ゲーム数をデータカウンターから把握するのが難しい。

しかし高設定は300ゲーム以内に当たりやすいので早いゲーム数であれば勝負駆けチャレンジに当選している可能性が低いので300ゲーム以内に当たっている履歴を見るのがポイント。

高設定は、引き戻しモードに移行しやすいので天井ゲーム数が300ゲームになる。
また、100ゲーム~150ゲーム内で当選する可能性もあるのでその辺りで当選していることが多い台は良い台と思って良い。

ヘルメットからハイエナ狙い

即ヤメしている台や天国抜け後やめている台などは、天国モードや引き戻しモードが狙える。
中々拾える可能性は低いがヘルメットを確認することで天国モード確定パターンや引き戻しモード以上が確定するヘルメットがある。

狙えるヘルメット
  • ロゴ+キラキラ
  • Vロゴ

ロゴ+キラキラのヘルメットであれば引き戻しモード以上が確定となる。
Vロゴがあるヘルメットであれば天国が確定。

Vロゴやロゴ+キラキラがなくても引き戻しモード、天国モードに滞在していることもあるので100ゲームだけ打つというのも良いかもしれない。

打った台の分析

必ず打った後は打った台の分析をした方が良い。
どのようにモード移行したのか、設定差があるものは引けたのかなど朝イチの挙動などを頭に入れておくことで次回打つときに役に立つ。

1度高設定を打ってしまえばそれより悪い挙動をしたらヤメる根拠になるので打ったデータを分析しておくことが大事。


Copyright © 2020 倍プッシュ