【食っていくための攻略】まど3~劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語~俺的解析

【食っていくための攻略】まど3~劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語~俺的解析



初代まどマギが撤去され残るは、まど2・まど3~劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語~
時代は6号機となっていく中で劇場版まどマギも今後は打つユーザーが増えていくことは間違いないでしょう。

今後、劇場版まどマギを打つ方向けに今まで打ってきた高設定の挙動や体感などを紹介していきます。

高設定はここが違う!!

高設定はマギカラッシュに当選しやすい!!

なぜ、高設定がマギカラッシュに当選しやすいのか?
高設定は、直撃マギカラッシュが当選しやすかったり、チャンスモード移行率も高くチャンスモードの恩恵としてマギカボーナス中の初期ソウルジェム「ランク3(杏子)」以上が最低1個保証されています。
また、エピソードボーナスも高設定の方が当選しやすいのでその分も踏まえてもマギカラッシュに当選しやすいことが分かります。

夕方や夜からの実戦では、ホール内のデータカウンターでBBの数値がマギカボーナスRBの数値がマギカラッシュの当選回数になっているのでBBとRBの差が少ない台を打つことがおすすめです。

特に終日打ち切りたいという人は、直撃マギカラッシュに何回当選するかが重要です。やはり、高設定を打っていると少なくても2回以上は直撃マギカラッシュに当選します。直撃マギカラッシュ1回だとたまたま引いたという可能性もあるので1回だけではあまり高設定に期待しない方が良いかもしれません。

モード移行に注目

通常時は特にモード移行に注目しよう!!

通常時は、通常モード・チャンスモード・悪魔モードの3つモードがあります。悪魔モード移行率には設定差がありませんが通常モードとチャンスモードの移行率には設定差があります。
設定4以上からはチャンスモード移行率が20%以上あります。ボーナスを5回引けば1回はチャンスモード当選になる計算です。
判別としては、100G・200G・300G内でフェイク前兆が起きやすいのとチャンスモードでのボーナス当選は必ずソウルジェム「ランク3(杏子)」以上が最低1個保証されているのでマギカボーナスを引いた際、ソウルジェム「ランク3(杏子)」以上が出てきたい際はチャンスモードからの当選と思って良いでしょう。
設定6だと25%の確率でチャンスモードに移行するので、4回に1回はチャンスモードに移行する計算です。チャンスモードに良く移行するなと思ったらひとまず粘って良いと思います。

スイカからの干渉遮断フィールド突入率

初代まどマギは、スイカからのマジチャレ突入率に設定差、まど2は、魔女の結界突入率

劇場版まどマギはスイカからの干渉遮断フィールド突入率に設定差があることを覚えておきましょう。
設定5で20.3%で突入、設定6で25%で突入となっています。

高設定ほど干渉遮断フィールドに突入しやすいのでその分ボーナスも軽くなります。
高設定が当たり軽いという点は、干渉遮断フィールドに当選しやすく直撃マギカラッシュも当選しやすい設計になっています。

結論

高設定は、ボーナスに当選しやすくマギカラッシュにも当選しやすい。
どの台もそうかもしれませんが、当選するまでのポイントを押さえておくことで打っているときに体感として良い悪いが分かると思います。
細かく話せば、弱チェ・特殊役の出現率に設定差があったり終了画面やボイスに設定差があったりと他にも設定差があるところもあります
劇場版まどマギでやはり重要なのは先ほど紹介した直撃マギカラッシュやモード移行率だと私は思います。
弱チェとかは長いゲーム数を打たないと収束していかないですがボーナスやマギカラッシュの当たり方というのは当たるまで打つなど目標を決めれば見えてくるところだと思います。
これから劇場版まどマギは長く打たれる機種の1台になっていくと思いますが少しでも周りと差を付けるためにも知識を蓄えといて損はありません。
是非いろんな知識を蓄えおいしいところだけを打っていきましょう!!

劇場版まどマギはゾーン狙いができるので個人的には甘く見ています。