【6号機の闇】2万円あればある程度分かってしまう6号機の設定事情

|パチ&スロ業界
NO IMG

2万円あれば6号機のほとんどの機種が天井までは回せるくらいコイン持ちが良くなりお金の負担も少なくなったが、逆に2万円使ってしまう台は「低設定と言っても良い」くらい極端な台が多くなっている。

お店の強い日などの稼働状況を見ると朝だけ6号機の人気機種が埋まり初当たりを引いてヤメる人が多い印象。
結論、高設定は「天井に行きにくいのが6号機」なので朝からハマってしまった時点で高設定の可能性が薄れる。

天井行けば低設定の6号機

6号機の場合、天井が浅い機種が多く2万円あれば天井に行けてしまう。
5号機と違うのは、コイン持ちが良いのと天井までのゲーム数が浅いので特に天井に行きやすい。

しかも低設定はほとんどが天井での当選という機種がとにかく多い。

例え話をするのであればRe:ゼロに例えて話してみよう。
朝イチ天井に行った時点で設定6はないと思いヤメてしまう。
逆に浅いゲーム数で当選しATに繋がりATも弱ATなら続行。

極端的というかあまりにも高低で挙動が違うためヤメる人が多く、低設定でも一撃2400枚までという出玉規制があるためヤメる人が多い。

その結果朝イチだけ回され放置されるケースが多くみられる。

無駄に出る設定示唆・確定画面

5.5号機になってからかなり設定示唆が増え目で見て分かる状況を作ってしまったのが終日回されない状況を作ってしまったとも言える。

この原因を作ったのはバジリスク絆と言ってもよい。
3ベル撃破・6ベル撃破の設定6確定・設定4以上確定からそういった台が増えた気がする。

それより前から設定示唆演出や確定演出はあったが絆の人気からこのような台が増えたのかなと思う。

絆より前は、レア役・小役の出現率やモード移行など小役カウンター必須で数えるのが楽しく、「自分だけがその台の良い悪いが分かりドキドキしながらパチスロを打てていた」が今は周りの設定示唆・確定画面を横目で見るだけで周りの台の設定状況が分かってしまうくらい設定示唆と確定画面が出る演出が増えてる気がする。

元々のパチスロの面白味が無くなってきているのも現状で、出来レース感が増している気もする。

高設定が分かりやすく勝ちやすくなった!?

正直な話、高設定が分かりやすいのでイベント日に狙ってダメならすぐヤメれる。

6号機の中でも少し前はRe:ゼロが設定が入りやすかったり、絆2に入りやすかったりと設定が入りやすい日に狙ってとりあえず2万円勝負ができるようになったのも事実。

ゲーム数天井に行けば高設定の可能性は減るしBCを引いている間に奇数よりなら設定6の可能性も下がる。
Re:ゼロは天井行ってAT入って強ATなら出玉的にラッキーで更に高設定はなくなるので逆に設定が狙える時はあまい機種でもある。

設定判別までの投資が少な分高設定を使うお店で打てれば逆に6号機は勝ちやすくなったともいえる。

私が通ってるホールは沖ドキ・番長3など6号機に普段から力を入れていないので、こういったお店ではデータから設定がないのが読み取れる。

最近はデータオンラインなどネットから台のデータをチェックできるため6号機に設定を使ってるお店を見極めてそういったお店をしっかり立ち回るのが6号機の勝てる手段だと私は思う。


Copyright © 2020 倍プッシュ